2011年05月08日

なのエース

majyo.jpg

5月9日発売の「4コマnanoエース」(角川書店)に
新作4コマ漫画「蒲田魔女」が掲載されます!

…なんとこれ、連載です…!

ここからちょこっと情けない話になってしまうので
いやな方は読み飛ばしてくださいませ!(白文字にしてみました)

貧乏姉妹物語を描き終わってから、
自分の漫画を「商業誌」でやって行こうという
自信がまるでなくなっていました。

それは、突然のアニメ化で自分の実力と
意識がついて行かず「たくさんの方に見てもらえる機会」
が「たくさんの方に迷惑をかけてしまう」という認識に
変わってしまったからだと今は考えています。

もちろん、商業誌で描く以上売れるということは何より
大切なことだと思うのですが、それ以上に売れなかったときの
迷惑をかけてしまうことへの恐怖の方が上回って
しまいました。

もともと行っていた同人誌活動は、全ての責任が自分に
かかってきます。たくさん在庫を抱えても売れない自分のせい。
編集さんや出版社に迷惑をかけずに済みます。
とにかくそのような思いに駆られ、一時はもう商業誌での
執筆は辞めようとも思っていました。ただ、漫画自体は
同人で描き続けようと決めていました。

そんな中でも、執筆のお誘いを頂いて読み切りを載せて頂いたり
単行本を出してもらっていたのでものすごく中途半端だったのですが
「連載」にはなかなか踏み切れませんでした。
お誘いのお話は色々頂いていたのに、贅沢な話です…。

最近は、自分の同人誌を作りつつ友人の隔週連載の
アシスタントをするという生活をしています。ありがたいことに
漫画に携わってご飯を食べることが出来ています。

何度も執筆のお誘いをしてくださる編集さんには
感謝してもしきれません。特に「つぼみ」の担当さんには
たくさん勇気を頂きました。

もちろん、イベントでお会いする読者の皆様にもたくさん
励まして頂きました!連載が終わってからもう4〜5年経つのに
作品を好きでいてもらえるのは幸せなことです!!
ありがとうございます。

以上のような理由で連載できずにいたのですが、
今回読みきりとして描かせて頂いた「蒲田魔女」を
連載として続けても良いということになり、この機会に
もう一度頑張ってみよう!という気持ちになりました。
こちらの担当さんも定期的にお声をかけ続けてくださった
方です。そのお気持ちにも、読者の方のお気持ちにも
答えたいと思いました。

ひょっとしたらすぐ打ち切りになってしまうかも
しれませんが(笑)力いっぱい頑張りたいと思います。



そんなわけで「蒲田魔女」よろしくお願いいたします!
posted by いずみ at 10:59| Comment(10) | 日記
この記事へのコメント
そうでしたか。
苦悩の日々を過ごしていたのですね。
ゆっくりで良いのではないでしょうか?
あるアニメで、絵描きの少女は描けなくなった時は描くのを止めてノンビリ過ごすと言います。
そうしているうちに、また描けるようになるのだと言っています。
先生もきっと同じなのでしょう。
描けるようになるまで、描こうと思うに至るまで、ゆっくり過ごせば良いのです。
まあ、連載が決まったとのことなので、ひとまず、おめでとう御座います。
先生ご自身が納得できる作品を執筆できればそれで良いのではないでしょうか?
焦らずに頑張って下さい。
Posted by yasutaka at 2011年05月08日 13:00
知り合いは、昔、連載をしていました。
一区切り付いて、次の連載の話が進んでいる最中、腕を怪我してしまいました。

無収入のまま、治療費などで貯蓄が減って行き、現在は、同人作家として活躍しています。

よく、『商業誌に、もう描かないの?』と聞くのですが、連載となると、準備などを含め、数ヶ月以上は無収入になるので、金銭的な余裕が無いから無理と断っているとの事です。

個人的には、表現できる場は、商業、同人、こだわらなくても良いと思っていますので、前の方の書き込みにもある様に、納得できる作品を出される事を願っています。
Posted by はにぃ at 2011年05月08日 21:49
いずみ先生と同じような世界で生活していて尊敬している方がいるんですが、その方は最年少の21歳で400年以上の伝統を持つ世界の頂点に立ったが故に、ずっとしんどい思いをされてたそうです。23歳でその頂点の座を明け渡した時に中学の担任の先生が「負けて良かったな。今は休めって言ってるんだよ」と声をかけて下さって、本当に気が楽になったそうです。

ほんわかとしたいずみ先生らしい作品を読みたいです。きっといずみ先生に与えた休養期間ですよ。
「蒲田魔女」楽しみにしています。
Posted by ボカンZ警視正 at 2011年05月10日 11:55
苦悩されていたんですね。
お気持ちは良く分かります。

これまでは充電期間だったと思えば良いのではないでしょうか?
自分の好きな事、得意な事を仕事として出来る訳ですから、
自分のペースで出来るウチはそれで良いと思います。

同人であろうが、商業誌であろうが、いずみさんの作品に
変わりはないので、私は応援し続けますよ。(^o^)
コメント書かれた皆さんもきっと同じお考えのハズ。
なのでマイペースで歩んで行けば良いと思いますよ。
自らの手で全てを創り出せる仕事ですからね。

私も仕事が非常にツライ時期に入っているのですが、
この連載を読む事を励みに頑張ります。
楽しみにしていますね。
Posted by 茉莉みんと@MintKitty at 2011年05月10日 22:45
暖かいお言葉ありがとうございます!!
商業誌の世界で活躍されている方は皆さん
このようなことを承知の上で頑張っているので、
私だけなんだか情けない気持ちでいっぱい
だったのです。

これからも自分のペースで頑張ります!!
Posted by いずみ at 2011年05月12日 23:52
そんな事情があったのですね。

あと、蒲田魔女楽しみにしております。
Posted by tani at 2011年05月22日 00:02
表現にはいろんな形があると思います。
もちろん商業には大変なところも多いと思いますが、きっと沢山の人に作品を見てもらえる機会が増えると思います。貧乏姉妹物語がTV放送されていた頃、同人を全く知らない知人が興味を持って見ていました。
何を書きたいのか分からなくなってしまいましたが、とにかく、無理をしないで、頼れる人には頼ってお気持ちを楽に作品を出せることを祈っています。
Posted by at 2011年05月28日 23:05
いずみさんお漫画は唯一無二の存在です。
いつも楽しみでなりません^^
Posted by ○○ at 2011年06月11日 08:39
そのような苦悩をされていたとは。
連載の負担はとても大きいと思いますが、ご自分のお体を大切にご活躍をお祈り申し上げます。
これからも微力ながら応援させていただきます。
Posted by tomok at 2011年06月11日 22:08
蒲田魔女まだ未読ですが楽しくませていだきますので かずと先生も楽しく描いて下さいませ
Posted by at 2011年09月09日 06:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: